塩竈神社

塩竈神社について

主祭神

塩土翁命、武甕槌命、経津主命

御配神

天照大神、素盞鳴命、別雷命、火具土命、事代主命、少彦名命、大物主命

御由緒

天正8年(1580)9月現在地に遷座、もとは日本一社下野国塩竈神社といいます。
この矢板市では、塩田・高塩など塩のつく地名が多く、岩塩が豊富に採れました。
塩土翁命が人々に製塩、安産、畜産の方法を授けたといわれています。
後世には伊達政宗も当社を参拝しました。

利益・御神徳

商売繁昌・安産・交通安全

宝物

勝海舟の書

勝海舟は深く当社を信仰し、多年の念願を達するために、明治31年12月25日病床において社額を揮毫奉納した。